遺伝子検査キットで分かること

肥満遺伝子検査によって分かる遺伝子型ダイエットタイプは日本人の肥満を4種類に分類しています。

りんご型は日本人の21.8%が該当していてβ3AR遺伝子を持っています。

糖質の代謝が苦手で内臓脂肪を溜めやすい体質のため、腹の周囲から太っていくタイプです。

りんご型は糖質の代謝をサポートしてくれるビタミン・ミネラルを摂取することが重要なので、白米の代わりに玄米、食パンの代わりにライ麦パンを食べると効果的です。

玄米や食パンにはビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

洋なし型は日本人の56.8%が該当していてUCP1遺伝子を持っています。

脂質の代謝が苦手な体質で尻や太ももなど下半身が太りやすいタイプです。

洋なし型は脂質を抑えることが重要なので、脂身の少ない食材や脂身をなるべく落とす調理法をすると効果的です。

肉を食べるにしても脂身をカットしたものが良いです。

バナナ型は日本人の16.9%が該当していてβ2AR遺伝子を持っています。

筋肉がつきづらい体質で太りにくいという特徴はありますが隠れ肥満になりやすいタイプです。

バナナ型は筋肉をつけて代謝を高めるためにたんぱく質を摂取することが重要です。

うどんを食べる際には玉子が入っている月見うどんにすると良いでしょう。

アダム・イヴ型は日本人の4.5%が該当していて遺伝子に変異がありません。4つのタイプの中で最も太りにくい体質で、太りにくいにもかかわらず太っている場合は生活習慣に問題がある可能性が大きいです。

バランスの良い食事をして定期的に適度な運動をすると効果的です。

肥満遺伝子検査によって自分がりんご型、洋なし型、バナナ型、アダム・イヴ型のどれに当てはまるかを知ることで、食べた方が良いもの、食べないほうが良いものを具体的に把握できるので効果的にダイエットをすることができます。

 

生活習慣を見直すきっかけにもなりますし、無理な食事制限をする必要もないので健康的にダイエットを続けていくことができます。

遺伝子情報は一生の内で変化することはないので、一生に一度肥満遺伝子検査を受けるだけで十分です。

ジーンライフ の肥満遺伝子検査キットで何が分かる?使い方・口コミ検証でも検証されているように、自宅でも簡単に遺伝子検査ができるので、興味のある方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。